車検のこと詳しく知っていますか?

車検のことをあまりよく知らない方多いのではないでしょうか? - 車検ってなに?

車検ってなに?

自動車には「車検」と呼ばれる「自動車検査登録制度」というものがあります。すでに車を所有していれば知っていると思いますが、安全に走るための定期的なチェックですね。
そもそも車は1〜2トンほどの重量があり、それが60km/hで走るのですから非常に危険な乗り物でもあります。2トンの鉄の塊が60km/hで自分に突っ込んでくるところを想像してみれば、その危険度がわかると思います。そんな危険な乗り物ですが現代社会には欠かせないものでもあるので、禁止することもできません。そこで少しでも安全性を高めるために「車検」という制度があるのです。

・車検の流れ
簡単に説明すると以下のような流れになります。
1.分解点検
2.整備、部品交換
3.完成検査
この全体の流れを車検と呼ぶことが多いですが、実際には「完成検査」のみが車検です。点検・整備は車検に合格するための事前チェックのようなもので、知識があれば自分で行っても問題ありません。
・車検は忘れずに行う
冒頭に書いたように車検は安全のために確実に実施する必要があります。車検には有効期限があり、新車で3年、新車以外なら2年が期限となり「車検切れ」にならないように定期的に受ける必要があるのです。万が一車検切れになると罰則規定があり、免許停止になることもあります。また、無車検は自分だけではなく周囲に迷惑がかかることになるので、絶対にやめましょう。車検は車を運転するすべての人の義務です。もし車検切れになったとしても、車検切れ車検を行っているところへ点検してもらいましょう。気になる車検切れ車検の費用をお安くでやってくれるところもあります。
ちょっとしたアクシデントや環境の変化から車に乗らなくなることがあります。ミラーが壊れてしまったり、公共交通が便利なところに引っ越したりなど理由は様々でしょう。しかし良く聞くのが「車検切れのまま放置している」という状態です。
・車検切れの放置は危険
hhr
車検が切れたままにしておくと、納税通知書が止まることがあります。これは車検が切れている場合に一時的に保留となるからです。具体的な対応は都道府県によって違いますが、多くの場合は納税通知書が止まります。そのまま廃車にすれば問題ありませんが、もし後になって「やっぱり車検を受けよう」となった場合は3年前まで遡って納付することになります。また、都道府県によっては末梢登録(ナンバーの返却)があるまでは課税されることもあるので注意してください。
・軽自動車はダメ
もし車検切れのまま放置しているのが軽自動車の場合、すぐに車検を受けるか廃車にするか選びましょう。なぜなら軽自動車は所有しているだけで納税義務が発生しているので、車検の有無は関係ないのです。そのため車検が切れていたとしても納付する必要があります。もし一時的使わないのであれば「一時使用中止」の届出をする必要があります。
・乗らないなら廃車にしよう
具体的な対応内容は都道府県によって変わります。保留してくれるところもあれば課税されるところもあります。抹消登録が判断基準になることが多いので、もし車検切れになってしまったら早めに決断しましょう。

新着情報

◆2015/04/27
車検ってなに?の情報を更新しました。
◆2015/04/27
意外と知らなかった車検のことの情報を更新しました。
◆2015/04/21
当サイト運営者の情報を更新しました。
◆2015/04/21
走っているときに車検切れに気付いた!の情報を更新しました。
◆2015/04/21
別の違反で捕まったときはどうなる?の情報を更新しました。